ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆百科事典

ムクナ豆の素晴らしさを端的に表現すれば「ドーパミンを増やす豆」につきます。このサイトは、ムクナ豆に関する「マメ知識」から「なぜドーパミンを増やせるのか」「なぜ健康に良いのか」、「どんな食べ方がいいのか」などを中心に紹介しています。ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

マメ知識。ムクナ豆とは?ムクナはどこから来たのか。

ムクナはマメ科の植物で、学名はMucuna pruriensです。日本名でハッショウ、八升豆と呼ばれます。ネパールが原産地といわれ熱帯アジアを経由して日本にもたらされたそうです。

 

日本でも江戸時代頃までは西日本を中心にして栽培されていたようですが、すたれてしまいました。多分それは収穫までに時間がかかりすぎることと調理に燃料がかかりすぎることが原因ではなかろうかと想像しています。

 

具体的には、畑で普通に栽培すると豆が樹上で完熟するまで待てばたっぷり9か月ぐらいです。その間、台風にはやられますし、場所によっては霜が降りて豆のサヤごと腐ってしまいます。だからと言って完熟前に収穫するとサヤから豆を取り出すのにまた一苦労です。

 

また、大豆などのまめ類とは比較にならない位に硬いので煮てもすぐには柔らかくなりません。その当時の燃料事情を考えると非効率過ぎて割に合わなかったのではないでしょうか。そんな状況でも日本の農民は研究熱心だからでしょうか、そこで改良されたものが西インド諸島を経てアメリカ大陸に伝わったと考えられています。

 

さらに現在では、ナイジェリアやマリなどのアフリカ諸国に普及しています。ムクナはつる性で成長が遅く収穫まで8〜9ヶ月もかかります。その間、つるがとても長く大きくなり葉もジャングルのように茂るので、地面でそのまま成長させると地表を覆いつくし他の雑草の生育を妨げ地表の土が雨で流されるのを防ぎます。

 

このため雑草防止や土壌保全のためにも使えます。また、葉もツルも分解しやすいので緑肥として農地にすきこんでしまう利用方法もあります。しかし、何と言っても食品としては「奇跡の豆」ですから健康維持には最高です。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗