ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ドーパミンとセロトニンのバランス

L-ドーパを原料にして脳内で生成されるドーパミンは、心の部分では「やる気」「快感」「闘争心」「積極性」などにかかわりがあります。また、体の部分では全身を動かす原動力(例えていうなら車のガソリンのようなもの)なので「運動機能」に大きくかかわります。

 

人の体は良くできているものでヤジロベエのようにバランスを取っています。当然、ドーパミンばかりが増えすぎると心身のバランスを壊します。そのバランスを保つために大切なものがセロトニンです。セロトニンは「安心感」「落ち着き」などをつかさどるもので必須アミノ酸のトリプトファンが変化したものです。

 

ムクナ豆にはそのトリプトファンもバランス良く含まれているので「ドーパミンを増やす」ばかりではなく「セロトニンも増やして」心と身体のバランスを取る手助けが出来ます。

 

ドーパミン

ムクナ豆に含まれる成分の代表的なもの

ムクナ豆に含まれる成分の代表的なもの

 

L-ドーパ(ドーパミンのもと)

 

必須アミノ酸

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • リジン
  • メチオニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ヒスチジン
  • フェニルアラニン(L-ドーパ、ドーパミンのもと)
  • トリプトファン(セロトニン、メラトニンのもと)
  • *ムクナ豆にはすべての必須アミノ酸が含まれています。

 

アミノ酸

  • チロシン(L-ドーパのもと、ドーパミンのもと)

 

その他 

  • 鉄分(ドーパミン生成にかかわる)
  • *ムクナ豆は、ドーパミンの原料の塊でもあり、セロトニンの原料も含まれているのでうまくバランスが取れている食品です。

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗