ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆は伝説の秘薬

ムクナの原産地であるインド亜大陸には世界的に有名な伝承医学「アーユルヴェーダ」があります。そこには薬草としてムクナ豆が登場するそうで「精力剤」あるいは「催淫剤」または「難病治療薬」などとして利用されていたようです。

 

精力剤」、「催淫剤」としては、男性の睾丸で作り出される男性ホルモン「テストステロン」がよく知られていますが、この生成にはL-ドーパが深くかかわっているという話です。ムクナ豆にはこれが多く含まれていますので古代の悩める男性には最高の秘薬だったことでしょう。

 

しかも古代のことですから大多数の人は決して豊かではない食生活を送っていたことでしょう。そんな人々は、十分な栄養が摂れずに体調不良や体力低下で悩んでいたと思います。これらの人々にはムクナ豆が含むエネルギー、脂質やフェニルアラニンなどのすべての必須アミノ酸、チロシン鉄分などはまるで薬のように大いに役立ったことでしょう。

 

また、ドーパミン不足で発症するパーキンソン病などの難病治療のシーンはこんな感じだったのではと想像しています。
『病気で満足に動けないような状態の人が家族に連れられてアーユルヴェーダを知り尽くした哲人のところに来る。そこで哲人からムクナ豆を食べさせられてしばらくの間会話の時間が過ぎる。

 

その後、哲人に促された患者はスッと立ち上がり一人でスタスタと歩いて帰る。この奇跡のような現象を目の当たりにした家族はひっくり返る位に驚いて哲人を崇め、周囲に言い広める。』

 

今ではムクナ豆の効能効果について科学的に説明することができますが、その当時は「魔術を見ているように劇的に良くなる!」だったり「とにかく元気になって体全体が調子いい!」としか説明できなかったことでしょう。

 

なお、現在の科学をもってしてもムクナ豆の効能効果についてすべてが説明出来るわけではありません。研究者によれば、必ず未知の成分があるはずでそれが天然のL-ドーパなどとうまく絡み合っているからこそ素晴らしい効能効果があるのだとのことです。

 

ドーパミン

大病をわずらっている人が劇的に良くなる様子を見るとビックリを通り越して言葉を失いますよね。

 

高齢者のたんぱく質不足を補う!

最近話題になっている健康関連の情報のひつつに「高齢者のたんぱく質不足」があります。

 

これは、若い時には胃腸が元気で十分だった消化・吸収力が年齢を重ねるごとにジワジワと落ちてきていて、若い頃と同じ種類と分量の食べ物を食べたとしてもそこから摂取できる栄養素が減少していることがひとつです。ましてや高齢者は食欲も落ちているのでたんぱく質のもとになるアミノ酸類の摂取量が不十分になりがちです。

 

さらには「カラダに悪影響を与えるコレステロールや脂肪分を排除して健康によい野菜を多く食べましょう」といった考え方の行き過ぎでたんぱく質を補うのに最も有効な食べ物「肉類」を避ける傾向が顕著なことがもうひとつです。

 

結果としてカラダを作るもとになるたんぱく質が不足して十分な機能を保てなくなるということになります。

 

ムクナ豆は、たんぱく質のもとになるアミノ酸(すべての必須アミノ酸9種類を含む)をが豊かに含まれるのでこの不足を補ってくれる頼りがいのある豆です。

 

ムクナ豆の栄養成分

筋肉のエネルギー源 BCAAについて

人は食物を消化吸収してアミノ酸を合成します。それが体を作るたんぱく質になるのですが、9種類の必須アミノ酸だけは合成することが出来ないので食物から直接に吸収することになります。

 

そのうちのイソロイシン、ロイシン、バリンを総称してBCAA(分岐鎖アミノ酸類)と呼びます。

 

多くのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、BCAAは筋肉のエネルギー源となり運動中の筋肉消耗を低減する効果があるので活動的な生活を送るための必須栄養素と言えます。ムクナ豆は9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいてBCAAも多いのでパーキンソン病の筋固縮に効果があるのはこれが原因の可能性もあります。

 

若い人は消化吸収力が高いので必要な成分は確保できますが、高齢者は日頃から必須アミノ酸を吸収しやすい食事を摂るように心がけると良いでしょう。その食事としてムクナ豆は最適です!

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗