ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

天然成分L-ドーパがムクナを救った!ムクナの生き残り戦略

植物には、恐竜がわがもの顔で動き回っていた古代から存在するものと比較的新しいものがあるそうです。古いものの例では、イチョウやセコイアなどがあります。ムクナは、植物の中では古いタイプのものでいわば「原始的な生き残り植物」なのだそうです。

 

それが滅びずに生き残った理由は、ムクナが獲得した「アレロパシー:Allelopathy(他感作用)」にあると言われています。アレロパシーを簡単に説明すると「植物が放出する化学物質が他の植物・微生物・昆虫・動物等に阻害・促進あるいはその他の何らかの影響を及ぼす現象」となります。

 

では、ムクナの持つその化学物質とは何かと言えば、天然成分のL-ドーパなのです。人は、食べ物の中にあるアミノ酸、必須アミノ酸を原料にして体内でL-ドーパを生成し、これを脳内に運びドーパミンに転換して健全な心身の原動力にします。

 

人にとってこのL-ドーパは、ドーパミンの直接の原料になる物質(前駆物質と呼ばれます)で、必要不可欠なものです。すなわち、これがないと人は動くことすら出来なくなるのです。ところが一部の植物や微生物、昆虫などにとってLドーパは忌避物質なのです。ムクナはこれを持っていたために自らの繁栄を阻害する害虫や競合植物などを排除することが出来て植物界で生き残れたという説です

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗