ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

Cむずむず脚症候群のドーパミン、鉄分不足

むずむず脚症候群は、主に睡眠時に両脚の中がムズムズとかゆくなり、まるで脚の中で虫でもうごめいているような気持ちの悪さが出ます。しかも内部なので引っ掻いて鎮めることもできません。

 

そのためまともに眠ることが出来ずに精神的な障害まで引き起こす場合があります。この症状は、睡眠時に脚の内部に出るのが典型的な例ですが、肩や背中の奥の方に出る人もいますし脇腹の奥の方にでる場合もあります。

 

この症状は、ドーパミンや鉄分の不足により神経が過敏に反応するために出るものだと説明されていますので神経が通っている場所ならどこにでも出る可能性があります。体の内部が変にモゾモゾするような不快感があればむずむず脚症候群を疑ってもおかしくありません。

 

この病気のやっかいなところは、医療関係者の間でもまだ認知度が低いのでお医者さんでも知らない場合があることです。そのために適切な診断がくだされずに苦しい時間を過ごす患者さんが多いことです。

 

これを改善するためにはドーパミンと鉄分の補給が効果的だといわれています。ムクナ豆にはドーパミンのもとになる物質が3種類(チロシン、フェニルアラニン、Lドーパ)が含まれている上に鉄分もとても豊かです。

 

ドーパミン
ドーパミン

 

ムクナ豆に含まれる鉄分は鶏のレバーや大豆に匹敵する量で、あらゆる食品の中でも上位に位置する素晴らしさです。 3種類のドーパミンのもとと鉄分が自然な形でしっかりと含まれるムクナ豆はむずむず脚症候群の改善のための最高の食品です。

 

むずむず脚症候群は、脚に出るのが典型的な例ですが肩、背中、脇腹など神経が通っている場所ならどこにも出る可能性があります。ドーパミンや鉄分が不足しているために神経が過敏に反応しているからだと説明されています。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗