ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆はドーパミンの素!

ムクナ豆は「ドーパミンを増やす豆」と紹介しましたが、そのメカニズムを簡単に図解します(下図)。

 

ドーパミン

 

人は、たんぱく質を含む「食物」を食べてそれを分解して「アミノ酸」を合成します。また、体内で合成できない「必須アミノ酸」は食物から直接取り出します。それらが体内でいったん「L-ドーパ」に変化して血流に乗って脳内に届き、脳の黒質細胞でドーパミンに生成されます。

 

健康な人が普通に食事をしていればこのメカニズムはきちんと稼働しますので、心と身体を健全に保つために必要な量のドーパミンは問題なく供給されます。

 

ところが、何らかの原因でこのメカニズムがうまく稼働しなくなると(上図の青い矢印)必要量のドーパミンを生成することが出来なくなる場合があります。その時は、そのプロセスに割り込む形でドーパミンの原料を供給すれば(上図の赤い矢印)ドーパミン生成のメカニズムが一部機能していなくてもドーパミンを増やせることになります。

 

ムクナ豆には必須アミノ酸のフェニルアラニンやアミノ酸のチロシンが多く含まれるので、食べ物を分解して取り出したり合成したりの工程がうまく機能しなくてもドーパミンになるための成分は供給することができます。

 

チロシン、フェニルアラニンからL-ドーパになる工程が十分に機能しない場合もムクナ豆の天然L-ドーパが供給されますので補完できます。また、脳内のドーパミン生成機能が落ちている場合にも原料であるLドーパを多く供給できるのでドーパミンの生成に役立ちます。パーキンソン病の患者さんに処方されるL-ドーパの薬がこの例に当てはまります。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗