ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

パーキンソン病とムクナ豆のかかわり

パーキンソン病は、ドーパミンを生成する脳の黒質細胞が減少してゆく病気でそのために脳内のドーパミンが不足し身体を思い通りに動かせなくなります。その症状は、大きく分類すると四つです。それらは

 

@震戦(安静時に手足がふるえる。)

 

A固縮(体が硬く関節が動きにくくなる。)

 

B無動(動作の始まりが遅くなる、ボタン掛けができにくくなるなど)

 

C姿勢反射障害(姿勢変換がうまくできなくなる、歩き出すと止まらなくなるなど)

 

で人によりその症状とその進行具合には差が出ます。

 

パーキンソン病は、近代になってから命名された病気でドーパミンと深くかかわっていることやその原料のL-ドーパを人工的に生成して薬として患者に処方すると脳内のドーパミンが増えて劇的な症状緩和の効果が出ることも分っています。

 

このように現代の医療関係者はパーキンソン病とL-ドーパのかかわり、さらにはその対応方法も科学的に説明することが出来ます。しかし、古代の人びとはこの「パーキンソン病⇔ドーパミン⇔L-ドーパ」の原理を体験として知っていました。

 

人々の体験の積み重ねの集大成であるインドのアーユルヴェーダでは、何と数千年前から「パーキンソン病⇔ムクナ豆」の関係に気づき自然の恵みであるムクナ豆の成分を利用してこの病気を治療していたということですから驚きです。人の叡智は計り知れません。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗