ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆はこんな人にピッタリです。

ムクナ豆を食べてドーパミンを増やし、その他の栄養分を身体に取り込むと調子が良くなる人とはこんな人です。

@ドーパミン不足が原因のパーキンソン病やパーキンソン症候群に苦しむ人

原因は一緒ではありませんが、これらは脳内のドーパミンが不足してくると発症する病気です。これらの病気は、脳がドーパミンを作る時に原料として使うL-ドーパの薬を服用することで劇的な快善を見ることが出来ると言われます。

 

ムクナ豆は天然成分としてL-ドーパを含みますのでこれを食べることで症状の改善を見込むことが可能です。食べる量や頻度は体調を見ながら調整すると良いと言われています。L-ドーパの薬を飲んでいる人はお医者さんと相談しながら利用方法を探っていくと良いでしょう。

Aお年寄りのドーパミン不足

人は年齢を重ねるに伴い体全体の機能が低下していきます。心と体の健康を保つための必須成分であるドーパミンは脳の黒質細胞で生成されます。しかしその黒質細胞も加齢により機能低下になる場合もあります。 結果的に生成されるドーパミン量が減り全体的な運動機能も低下していきます。ムクナ豆に含まれる天然L-ドーパがドーパミンを増やすのに役立つのはもちろんのこと、それ以外にも必須アミノ酸やチロシン、鉄分も大いに役立ちます。豆ですのでその他の栄養素も豊富ですから体力保全にも役立ちます。 ドーパミン
パーキンソン病は、年齢とは直接かかわらずに脳の黒質細胞の急激な機能低下によりドーパミン生成量が減少して発症します。また加齢により徐々に体の機能全体が低下することでドーパミン不足になり発症する場合もあります。脳内のドーパミン量が20%程度割り込むとパーキンソン病を発症すると言われています。

B瀬川病によるL-ドーパの不足

瀬川病は、ほとんど知られていない病気で国内では患者さんが100人程度でとても珍しく知っている人はほとんどいません。しかし、その病状は深刻で身体を動かすことさえ出来なくなる場合があります。

 

身体を動かせない直接的な原因はドーパミンの不足ですが、パーキンソン病と違いドーパミンを作る能力がないからではなく(脳のドーパミン生成力の問題ではありません。)その原料のL-ドーパを体の中で生成できないからだと説明されています。この病気は体内のドーパミン生成のプロセスの一部である「アミノ酸、必須アミノ酸からLドーパを生成する」工程が機能しないために起こりますので、その産物であるL-ドーパを供給すれば症状が緩和されます。

Cむずむず脚症候群のドーパミン、鉄分不足

むずむず脚症候群は、主に睡眠時に両脚の中がムズムズとかゆくなり、まるで脚の中で虫でもうごめいているような気持ちの悪さが出ます。しかも内部なので引っ掻いて鎮めることもできません。

 

そのためまともに眠ることが出来ずに精神的な障害まで引き起こす場合があります。この症状は、睡眠時に脚の内部に出るのが典型的な例ですが、肩や背中の奥の方に出る人もいますし脇腹の奥の方にでる場合もあります。

 

この症状は、ドーパミンや鉄分の不足により神経が過敏に反応するために出るものだと説明されていますので神経が通っている場所ならどこにでも出る可能性があります。体の内部が変にモゾモゾするような不快感があればむずむず脚症候群を疑ってもおかしくありません。

 

この病気のやっかいなところは、医療関係者の間でもまだ認知度が低いのでお医者さんでも知らない場合があることです。そのために適切な診断がくだされずに苦しい時間を過ごす患者さんが多いことです。

 

ドーパミン

むずむず脚症候群は、脚に出るのが典型的な例ですが肩、背中、脇腹など神経が通っている場所ならどこにも出る可能性があります。ドーパミンや鉄分が不足しているために神経が過敏に反応しているからだと説明されています。

D貧血症

貧血は鉄分不足が原因ということは良く知られています。ムクナ豆には一般的な豆に含まれる栄養素があるばかりではなく、肉類に匹敵する程の鉄分が含まれますので鉄分補給のためにも有効な食べ物です。

E高血圧

高血圧の原因は、生活習慣と遺伝的な体質が関係しているそうですが、実際のところ良く分っていないようです。すなわち「高血圧の症状が出ている。」ので「対処療法をする。」が「原因を解明できていないので、」「そのまま対処療法を続ける。」という構造です。   ムクナ豆を利用している人から「体の何がどう変化したか?」と聞くと「血圧が下がった。」という話がよく出ます。そして同時に「血流が良くなったようで体が温まる感じがある。」と聞きます。 ムクナ豆のどんな成分がどう働いて血圧が下がるのかは分りませんが、どうやらムクナ豆には血管を拡張して血流を良くする作用があるようです。体験者の話では、食べ続けていると血圧が安定するということです。ただ、食べるのを止めると元に戻るようですから「高血圧が治る」訳ではなく「ムクナ豆を食べていると高血圧の症状が緩和される。」ということです。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗