ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆の育て方

発芽から収穫までとても長い時間がかかることを覚悟しましょう。

 

設備の整ったビニールハウスでの栽培や技能の高い農業関係者が栽培する場合は別ですが、一般の素人がムクナ豆を栽培しようとすると春に種まきをして収穫できるのは初冬だと思っていてください。寒すぎると発芽しませんし、発芽率も高くはありません。長い栽培期間には台風が当たる場合がありますし秋の長雨や初冬の霜の害もあります。一粒で八升取れるから八升豆というのだという説もありますが、このような理由からそう簡単にはいきません。

 

ドーパミン

ウグイスが鳴き始めたらそろそろ種まきと思って大丈夫です。タケノコが出る頃まで待てば間違いないです。

 

ドーパミン

梅雨明け頃からツルが盛んに伸び始めます。盛夏には花が咲き結実が始まります。この時期に気をつけなければならないのが台風です。せっかく咲いた花や結実した小さなサヤも落ちたりふき飛ばされたりです。

 

ドーパミン

晩夏から秋にかけてサヤが徐々に育ちます。サヤが黄色く色づいてきたら熟し始めたサインです。

 

ドーパミン

サヤが黒くなってきたら完熟です。黒く乾いたサヤを振るとカラカラと音がする状況まで待つのが理想です。サヤが乾く前に収穫するとサヤから豆を取り出すのが大変です。だからと言って完全に乾くまで待つと霜の被害を受けて腐ってしまう場合もあります。

 

家庭菜園的方法

ツルは長く伸びて葉もたくさん茂り周囲が無秩序のジャングル状態になるのでプランターに植えるなら2〜3本程度にしておくと良いでしょう。

畑での栽培

一般の人が畑で自然な形で栽培する場合は、関東以北では難しいと思ってください。手間をかけたくない場合は地面に生やしても良いですし手間をかけられるなら棚などを作った方が良いです。

 

地面に生やす場合も棚で栽培する場合もツルが長く伸びるので周囲の畑の作物には注意しましょう。知らない間に他人の畑に入り込んでしまい邪魔者扱いされる場合があります。

 

ハウスでの栽培

設備がしっかり整っているビニールハウスなどでは周囲が寒い段階でも種まきは可能ですので早い時季に発芽させることが出来ます。また、骨組みがしっかりしていれば台風もさほど心配しなくてもいいでしょう。また、霜の害も気にしなくてよさそうです。しかし、ハウス内がツルで完全に占領されてしまいますのでそれなりの心の準備が必要です。また、必要に応じて燃料代やビニールハウスのメンテナンス費用も掛かりますので収益との兼ね合いで判断しましょう。

 

*注意
自分で栽培するといろいろな食べ方を試したくなりますが、絶対に生あるいは半生では食べないこと。タケノコやワラビ、ゼンマイなどの山菜と一緒でアクがあります。しっかり加熱・調理すれば大丈夫ですが、生のままでは胃腸に悪いです。

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗