ムクナ豆を利用して健康になりたい方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

どのようにして食べれば健康に良くてしかもおいしいの?

ドーパミン

生、あるいは軽く炒ったり茹でたりした半生状態のムクナ豆は絶対に食べないこと!

 

ムクナ豆に限らず他の豆類も植物の種子ですからその目的は次世代を増やすことです。従って、簡単に他の昆虫や動植物の餌食になってしまう訳にはいきませんので身を守るために他の者にとっては有害な物質を含んでいるものが多いのです。

 

ムクナの場合は、そのひとつがL-ドーパで、人間にとってはとても大切な物質ですが他の昆虫や微生物にとっては有害だったのでムクナは生き残ることが出来たといわれています。また、生のタケノコや山菜などにあるエグ味のようなものも含まれ胃腸を刺激します。このように豆類を含めた植物の種子には種類の違いや量の差こそあれ、何らかの有害物質を含んでいるものが多いのです。

 

豆類の場合は、酵素活性阻害物質や生理的刺激物質など人間の健康に影響を与える種々の物質を含んでいるものが多いといわれます。ただ、これらの物質は加熱することで有害ではなくなるので適切な加工や調理をすれば健康を害することはありません。ムクナ豆を生のまま、あるいは炒ったり茹でたりが不十分で生に近い状態で食べた場合は、胃や腸の障害等を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

ドーパミン

調理不足のものを食べたり、調理済みのものでも食べすぎたりすると胃腸を刺激する場合があるので注意しましょう。

 

調理の仕方

ここでは、エグ味などを取り除く基本的な調理の仕方を紹介します。これらの方法で調理したものを必要に応じてさらに調理して食べるのが良いと思います。

煮る

生の豆なら一昼夜水に浸して柔らかくします。その上で十分な水を足して煮詰めます。圧力鍋を使うと短時間の調理で済むので便利です。好みに合わせて黒砂糖などを加えて味付けしても良いです。この時の注意点ですが、調理し過ぎるとL-ドーパが分解してしまいますが、調理時間が少ないとエグ味が残ります。単に豆として食べるのであれば充分に調理すれば良いですが、L-ドーパの摂取を目的にする場合は調理を終えるタイミングは試行錯誤が必要になります。
ドーパミン

この段階では味付けをせずに別途味付けしても良いです。

 

注意:水に浸したり、煮たりすると水が真っ黒になりますがこの豆の特性なので気にしないこと。豆の大事な成分であるL-ドーパは水溶性が高いのでその水の中に溶け出しています。それを捨ててしまうともったいないです。

炒める

生の豆をフライパンで炒めます。表面に焦げ目がついて皮が破れて香ばしくなる程度まで炒めます。あまり炒めすぎると焦げ臭くなりますし、時間が短すぎても半生状態になってしまいますので頃合いを見極めるには少々訓練が必要になります。ひとつひとつの仕上がり状態を見ながら一時間程度を目安にしてひとつ粒、ひとつ粒つまみ上げるくらいの根気が必要です。

 

ドーパミン

仕上がったものをそのまま食べるかさらに調子して食べましょう。硬いので歯に負担をかけないように注意する必要があります。

*調理済みのものでもムクナ豆の成分は強いですから食べ過ぎると胃腸を刺激します。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗